中央菓子卸市場の周辺

2019年6月探訪


見るからにド昭和の中央菓子卸市場を通り抜けた前回、
今回はその周辺をぶらりとしてみます


お隣は小さな小さな神社になっていました


右側は中央菓子卸市場の壁です
どうやら向こう側へ抜けられるみたい


反対側の道から入ると、途中で参道になるつくりでした
すさのお-かぐつち-じんじゃ、と読みます

ふたつの神様を祭っていました
その事を相殿・合殿(あいどの)と言うようです
隅田神社とも呼ばれています


そのすぐ脇の駐車場の端っこには朽ちたバイクが
盗難防止のチェーンが巻かれていました


のりもの系はサッパリですが、草ヒロは草ヒロで好きですョ!


それにしても凄いところに神社がありますね…


駐車場の脇にはこんな状態の物件が…
ホントにギリッギリ!


反対側に出てきました
神社があることを示すように縄と紙垂(しで)が付けられています


その脇、先ほどのギリギリ建物です
表側の2階もなかなかのギリギリ具合…
バリケードも隙間なく並んでいます


近づくのがちょっと怖いくらい
まさに時之家ですね
飲み屋だったのかな?


それにしてもよく残ってたなと思うほどの崩壊具合
ちぎったかの様に壁が剥がれています


壁にはの文字が残っていました
なんて名前だったのでしょうね


当分の間 休業いたします

紙も新しいので管理はされていた様ですね
つい最近まで営業していたとは思えないほどの崩落具合なので
紙だけ書き換えてたのかな?
それにしても地面に貼るとは新しい


根室厚岸、北海道の中でも東側に位置する様な地名ががなぜここに…?
さんまの文字もあります
意外と魚屋さんだったのかも…?


ペタペタペタ…

関係ないけど、ヒタヒタヒタ…って言う裸足のオノマトペ震えあがるよね


み ゆ き ィ !


実はこちらの物件、つい先日解体されてしまったそうです
残念な気持ちもありますが、流石にこの崩落具合なら仕方ありませんね


こちらは中央菓子卸市場の裏側正面の建物
表彰台のような段々が印象的です


こちらもにも何か貼ってあった形跡がありますね
最後の文字の破片も辛うじて付いています
なんと言う名前だったのでしょう…


中央菓子卸市場
〒451-0041 愛知県名古屋市西区幅下2丁目20−18

さて次回も市場!おたのしみに

コメント

タイトルとURLをコピーしました