レトロ吹き抜ける伏見地下街

2019年6月探訪


地下鉄乗り放題の切符を買って、伏見駅まで移動してきました
なんでも地下通路で昭和の風を感じられるとか…
通りがてらちょっぴり見に行ってみましょう!


さてこちらが例の伏見地下街の地上入り口です
真っ青な下地にトリックアートのようなものが白線で描かれていて、
ちょっとギョッとしてしまいました


壁は塗り替えられていますが、床タイルはいい感じの予感…


壁には階段のようなイラスト
地下にもトリックアートが点在しているみたいです


片側にお店がズラリと並ぶこちらが伏見地下街
1957年開業で2020年で63歳
長者町地下街とも呼ばれているようです


こちらはりそな銀行へと直結している出入り口


この扉、結構すごくないですか?


くすんだガラスに年期を感じる木のフレーム
名古屋駅がおとなりとは思えないレトロ感
そしてこの扉の奥には不思議な光景が広がっています…


階段にたむろする扇風機たち…
取り急ぎ集められたように形もバラバラ…
電源タップもフルに使われています


床が濡れてるから、それを乾かすため…?マサカネ
他の方のブログにも写真があるので、少し前から稼働してるみたい
謎です…


いつも美しくを願い   理容理容ディアー

昔ながらの理容室もありました
途中で名前が変わったのしら



サインポールもあります
屋内なのに青色が色褪せているところも歴史を感じさせますね


結構なが~い地下通路


こちらも歴史が長そうな薬局


気付けば東側の出口付近に


パイプが丸出しなのもここの魅力のひとつです


頭がぶつかってしまいそう


細いものから太いもの、新しいものから古いものまで
中には何が通っているんでしょうか


改めて見てもすごい数
それと撮る角度むずかしい…


さてパイプと共に地上へ出ました、次を目指しましょう!


伏見地下街
〒460-0003
愛知県名古屋市中区錦2丁目13−24

次回は解体を目前に控えたビルを訪れます!

コメント

タイトルとURLをコピーしました