しだれ飾りの名城市場

2019年6月探訪


今回訪れるのは、
名古屋城からさほど離れていない場所にある、
その名も名城市場
前回の中央菓子卸市場から徒いて行ける距離にあります

さてさて、名古屋市内を北上中、
またしてもいい感じの建物がありました


うっすらと残る文字は、◯瀬商店と読めます


屋根の付近には日清サラダ油と、マルホンの…胡麻油かな?


昔の企業のロゴが残っているのってワクワク!!


さてさて急に到着しましたが、こちらが名城市場
名城だけあって金のシャチホコは欠かせません


天井に飾られたモールが印象的なコチラ
入り口付近でフルーツ屋さんが営業していました

何かその場で食べられるものはないかと探していたところ、
「パイナップルをこれから切るよ」
との事だったので、そちらをおひとつ頂くことに
手際のいいナイフ捌きでパイナップルを解体していくおかあさんが
提供してくれたのは、なかなかの量のパイナップル…!
食べるのに一苦労でした、でも美味しかったです!


店舗案内図です

八百屋さんからお寿司屋まで色々なお店が並んでいますが、
今は数店が残るのみ
お花屋さんのところが果物屋さんでした
お店自体も入れ替わりが結構あったようですね


佃煮つけもの屋さんの名残


栄枯盛衰を見守ってきたのでしょう
隣の小窓もいい感じですね


案内図から察するに乾物屋さんだと思います
平積みの棚には鰹節やお豆が並べられていたのでかな


あらあらここにも
先ほどの招き猫と同じグラデーションですね


お肉屋さんの木の包み(経木)っていいですよね、
お肉が五割増で美味しそうに見えます


…あれ、お肉屋さんじゃなくて揚げ物屋さんになったのかな?


誰かのサインだろ…?
僕もリアル鬼ごっこの作者の山田悠介氏のサインを貰ったことがあります、実家にあるはずです


このお花の飾りって商店街によくありましたよね
古臭い感じはありますが、いい賑やかしになっていますね


反対側の出入り口付近には八百屋さんがあり、お客さんがいました
数十分の滞在でしたがフルーツ屋さん含め、
お客さんがちょこちょこ利用してましたね


さてさて反対側に出てきました
最後まで紅白の幕としだれ飾りが見送ってくれました
パイナップル食べて体力も回復!
時間が許す限りどんどん行きましょう!



名城市場
〒451-0031 愛知県名古屋市西区西区城西2丁目9−4

次回はようやく地下鉄に乗ってちょっぴり移動です!

コメント

タイトルとURLをコピーしました