昭和に浸る龍城温泉 Part.1

2019年6月



今回は岡崎市にある昭和が色濃く残る、劇渋銭湯です
閉店時間に間に合えば良いですが…



こちらは前回の松應寺横丁の前にある松本観音
トンネルを潜って中へと入るようですね


その近くに昭和香るサインポールも
明るいうちに拝みたかった!


時間ないって言うのに…
寄り道はこれくらいにして件の銭湯へと向かいましょう

街灯がぽつりぽつりと灯る路地を、
地図を頼りに進んでいくと、




出ました!闇夜にぼんやりと浮かび上がるこちらは、
龍城(りゅうじょう)温泉
天候も相まって笑ゥせぇるすまんに出てきそうな佇まいですね


入り口です
男も女も両方赤いのれん、油断しない様に…!


[龍城温泉]
定休日は5と0の付く日の様です
看板で隠れてしまっていますが、後ろの豆タイルアートも見たかった!


と、右後ろを振り返ってみると…


まる見えトイレ、昭和恐るべし…


ちょうど入れ替わりで男性が2人が出てきました
若い方も結構利用されている様ですね


のれんを潜り、男湯の扉を開けてみると、
前回の松應寺横丁とはまた違った、
幾千人の手垢がついた生々しい昭和が広がっていました


鼻息荒めに番頭のおばあさんに撮影の許可をもらい、
脱衣前にサッと撮影!
ありがとうございます!


こちらは下駄箱、もう始まってますね…!
年代物の体重計には
荷物の重さを半永久的に量ると言う仕事が与えられています


もちろん昔ながらのマッサージ機もあります
一回20円とかだったのかな?
ゴザも新しいようなので現役なのかもしれません


ドライヤーもありました
髪の毛グルングルンになりそうです
奥のオロC冷蔵庫も気になるトコロ


座り物が続いていますが、こちらは故障中のマッサージ機
もう直されることはないのでしょうね


…あれ?奥のマッサージ機に鎮座している物って…


もついて、コードもついて…
もしかしてこれもドライヤー…?


上げれば盗難防止の看板が
みんなで楽しく入浴しましょ



とにかく、目に映るもの全てが昭和!
令和から来た自分が場違いの様な気がしてなりません


次回は見所のロッカーです!

タイトルとURLをコピーしました