昭和に浸る龍城温泉 Part.3

2019年6月探訪



昭和香る龍城温泉、
見所が多すぎて湯に浸かるのをPart.3まで引っ張ってしまいました


洗濯物はノーサンキューです
「お風呂で手洗いの洗濯か〜時代だなぁ!」な~んて思っていたら、
おじさんが洗い場で洗濯してました


そしてこちらが龍城温泉の龍城温泉!
浴槽は全部で4つ
散乱している桶は洗濯おじさんがいた証です


まずはエチケットとして体を洗いましょう!
掛け湯でも大丈夫
熱々のお湯と水を上手くブレンドして、浴びられる温度を探っていきます


飾らない漢らしいタイプもありました
よ〜く見るとの文字が!


シャワーっぽいものついてますが、
予期せぬ温度のお湯が怖くて使った試しがありません
そんなこと無いんでしょうけど…


大きい鏡があると空間が広く感じますね

龍城温泉も岡崎市田町にありますが、
書かれているアオ井屋商店の住所には違う建物が建っていました


男の子の目に入ってるモザイクは謎ですが、
やりがちなNG行為は今とあまり変わりませんね


桶もお馴染みのケロリンから市販されているようなもの、
そして謎のオレンジ色は…


ビオレU!初めて見ました!
が、大阪兵庫では結構お目にかかれるようです
ここは愛知ですけどね

ケロリンの桶も関西と関東ではサイズが違うようです
関東ではシャワーで体を流すのに対し、関西では掛け湯をするため、
重くなりすぎないようにひと回り小さくなっているようです

「ケロリン桶」のサイズが関東・関西で違う理由 (2005年2月10日) - エキサイトニュース
銭湯でおなじみの黄色い湯桶「ケロリン桶」。子供が蹴飛ばしても、腰掛けにしてもビクともしないことから「永久桶」と呼ばれたものだが、実は、関東と関西でサイズが違うのだという。関東バージョン〔A型〕は、重さ...

緑が眩しいです
組体操の一番上の人ってどう言う気持ちなんだろう?
僕はいつも土台でした、騎馬戦のときも


天井には大きな穴が設けられていました
明かりとりと蒸気の逃し口かしら


注意書きのイラストも気になるけど、
気楽に呑める店バー浩も気になる!


壁の亀裂も歴史を物語っています


公害よさようなら  読書よこんにちは

時計は11時で止まっていました
公害…印象的なキャッチフレーズですね、「ょ」が小さくてギャルみたいですが

ジャスミンティーの浴槽には緑色の入浴剤が入れられていました

昔ながらの銭湯って浴槽が結構深く、
中腰で入るものが多いのですが、
大人数でいっぺんに入る為の対策なんでしょうかね
あまり経験したことのない格好で入るのでそれもまた新鮮であります


足拭き場の脇にはこんな流し場が
目がチカチカしそうなタイルがいいですね!


いいお湯でした!また来ます!

さて、宿を取ってある名古屋へと移動しましょう

駅への道中、気になる看板があったのでパシャり
消えに消えまくった看板にはニワハンミョウこっちだヨウ平です



ニワハンミョウって!!!


例の建設省っぽい昆虫みたいなキャラクター - Light EXPRESS(Blog)

俺のことさッ!!

ニワハンミョウ




次回からは名古屋編!
いろっいろありました…!!乞うご期待!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました